四季の家の特長

季節感がもてる環境を提供すること

ガーデンで四季折々の草花を愛(め)で、ミニ菜園ではキュウリ・トマト・ナス等の収穫を楽しめます。

個性を重んじ、一律の活動を強制しないこと

レクリエーションも外出も心身の状態に合わせてサポートします。
四季の家に集う人たちが、笑顔で過ごせる雰囲気づくりに心配りをします。

思いやりとぬくもりをたいせつにすること

デイでのひとときを愉快に過ごしていただけるために、私たちは身体だけでなく
心の健康づくりのお手伝いをします。

口腔ケアの目的

しっかり噛めて、食事がおいしくいただけることはとてもうれしいことです。
そのためには噛む、飲み込みなどの口腔機能を保つこと。
それが身体の健康と、生きがいある活動に深く関わってきます。
四季の家では、日本訪問歯科協会の指導を受けて〝口腔ケア〟に力を入れています。

口腔ケア7つの効果

「舌」と「唾液」の働き

舌は歯と一緒に動いて、食べ物を咀嚼(そしゃく)し、混ぜ合わせ、嚥下(えんげ)の働きがあります。
舌の表面には味を感じる細胞の仲間たちが、花の蕾のように散らばっています。これらを「味蕾」(みらい)とよんでいます。
唾液には、消化を助ける働きと病原菌を殺す働きがあります。また言葉を発するときに、重要な働きをします。

食事

健康は食事の摂り方に関わっています。
四季の家では食べる楽しみ〝楽食〟をモットーに、バランス(主菜・副菜)のとれたプロの味の食事を召し上がっていただいています。
また、おかゆ、刻み食などの要望も承っています。

料理は器(うつわ)によってもちがうといわれますが、四季の家では器にもこだわり、レストランで使っている食器に料理を盛り付けて、お出ししています。

居宅介護支援サービス

口腔ケア7つの効果